カネマルロゴ
 太陽光発電のある暮らし
フリーダイヤル0120-101-348
Top page
Contents menu
太陽光発電とは
導入のための7つのポイント
Q&A
設置までの流れ
自然エネルギー
住まいの省エネ
オール電化
施工対応エリア
会社概要
企業理念
採用情報
お問い合せ
太陽光発電リンク
Contact us
〒630-8146 
奈良市八条町464番地3 
TEL.0742-30-1348  FAX.0742-30-1415

ohisama@kanemaru.co.jp

お問い合せ


フリーダイヤル0120-101-348


チームマイナス6%
 
 
 

太陽光発電システムとは?

その1.太陽光発電システムとは?
その2.太陽光発電の良いところ


その1.太陽光発電システムとは?

■なぜ太陽光発電システムが注目されているのでしょうか?


今、エネルギーの原料として使われている石油や石炭はCO2を出して空気を汚すものではありますが、同時にプラスチックなどの必要な製品の大切な原料でもあります。しかしこれらの資源には限りがあって、例えば石油だと約41年で無くなってしまうとの試算もあるそうです。
遠い未来の話ではないんですね。
けれども中国やインド、その他の発展途上国の経済発展にあわせてエネルギー消費とCO2排出量はまだまだ増え続けます。
地球
そこで無限でクリーンな太陽エネルギーを使用する『太陽光発電システム』が注目を浴びるようになってきたのです。もし平均的な太陽光発電システム3.59kwを設置すると年間約3600kwの電力を発電でき、それは石油約94Lの節約に相当します。そしてCO2も発生しません。
またオール電化と組み合わせることによって光熱費を下げ、余った電力を売ることによる相殺で光熱費0円の生活も不可能ではありません。
太陽光発電システムは『地球を汚さず、限りある資源を未来に残すという選択』だと言えるかもしれません。
(↑戻る)


■太陽光発電システムのしくみ

大きく分けて4つの装置によるシステムです。
屋根に設置した『@太陽電池モジュール』に太陽の光があたると直流の電気が発生します。この直流の電気を『Aパワーコンディショナ』に送り、家庭で使える交流の電気に変換してから『B分電盤』に送られると各部屋で電気を使うことができるようになります。
太陽が出ている間は自宅で作った電気を使い、使い切れずに余った電気は電力会社に買い取ってもらえます。夜間や悪天候時は電力会社から電力を買って使うことになります。これは『C買電計・売電計』に表示されます。


(↑戻る)



■売電のしくみ

「売電」とは太陽光発電システムで発電した電気のうち、家庭で消費しなかった(余った)電気を電力会社に販売することを言います。(これまで通り電力会社から電気を買うことを「買電」といいます)
日本でのこの制度は1992年から始まっています。意外と早くから始まっていたんですね。
日本では現状「電力会社が販売価格で買取る」制度ですが、ヨーロッパの国々では「買電」の数倍の価格で「売電」できる制度ができたことによって急速に太陽光発電システムの導入が増えました。
日本での売電額は都度変動します。また現在の電気事業の自由化による選択肢も増えたことでご自分にとってのベストな選択をなかなか決めることが難しくなってまいりました。お悩みの際はぜひ弊社へご相談ください。



(↑戻る)

 
  その2.太陽光発電システムの良いところ


■売電できる


たくさん作って使い切れずに余ってもその電力は買い取ってもらえるからムダがなく効率的です。(↑戻る)



■オール電化との相性が良い

CO2を出さないエコキュートやIHクッキングヒーターなどを使ってオール電化にすれば、自宅で作った電力をフル活用でき、さらに環境に優しくなります。オール電化割引プランは夜間は安く昼間は少し割高なので、割高な時間帯は太陽光発電の電気で自給自足し、夜間は深夜割引で安く電気を買うことができておトクです。
(↑戻る)




■省エネが楽しくなる

カラー電力モニタで発電状況や自宅の消費電力がカラフルにリアルタイムでチェックすることができるので、ご家族での電気の話題が自然と増えたり節電目標を作ってみたり、ますます省エネが楽しくなります。
省エネを楽しもう

(↑戻る)



■太陽光パネルの設置で屋根温度の上昇を抑制します


屋根の上に太陽光パネルを取り付けることで太陽光パネルが遮熱材の代わりになり、屋根裏温度が夏場は涼しく冬場は暖かくなるので冷暖房費が節約できます。

夏場
屋根表面温度
野地板裏面温度測定値
温度差
モジュール未設置
モジュール設置
夏場
70度
49.32度
38.4度
−10.92度
冬場
−5度
8.12度
13.35度
5.23度
参考:(株)ボラス暮らし科学研究所調べ


■災害時にも安心の備え

万が一、災害によって停電になってしまっても専用コンセントを使えば発電している間は使いたい電気製品を使うことができます。携帯電話の充電もできて安心です。
(↑戻る)